Posted on

韓国の 朴前大統領の不正疑惑についての騒動

近隣国である韓国では朴前大統領の不正疑惑の騒動に関して多くのメディアが注目を集めていて、世界中でニュースが配信されています。

この騒動がきっかけで朴前大統領が今まで密かに犯してきた不正の部分が明るみに出るため、他国でもこういった事が起きている可能性が高いなと感じています。

朴前大統領は大手メーカーのサムスンに圧力をかけていたり、様々な団体から収賄や権力を使い不正に多額の富を得ていたという噂もあり、政府・警察・捜査機関等によって調べられていて公にその事が公開されようとしています。

朴前大統領は憲法裁判所より罷免を受けた事により失職しているため、取り調べや操作を受ける対処となってしまったわけですが、憲法裁判所の判断は正しいと思っています。国のトップが不正をしていたのであればこういった所は厳しい対応を行った方が国民も納得のするかと思います。プロミス 審査

騒動に関しては朴前大統領の保守派も多くいるので反対派とのトラブルが起きる可能性がかなり高くなっているため、国の混乱を招く恐れもあるので政府・軍・警察と協力して抑制していかなければいけなくなります。これから取り調べや捜査も終盤を迎えようとしているが、朴前大統領は無罪を主張していて裁判の長引く可能が高いとされています。