Posted on

「国民一人当たりの借金」信仰

財務省により国の借金が発表され、国民一人あたりの借金がいくらですというのが何だか季節の風物詩のようになっています。
で、最近発表された最新のものによると6月末時点で国の借金の総額が1053兆4676億円に達し、国民一人当たりに直すと約830万円になるんだとか。

あのこれ、私は何回もあちこちで言ってるんですけど「国の借金」じゃなくて「政府の借金」ですからね?
そして日本国債が流通している主な場所は日本国内、つまり日本政府に対し国民がお金を貸している事になるんです。
少なくとも日本国債を買っていない人でも「830万円の債務者」にはなりません。
だって国の借金ではなく政府の借金なんですから。
加えて言うと、この額がいくら上がったところで債権者が外国でない限り経済破綻はまずないんです。
それを各マスコミが騒いだ結果経済の空気が悪くなって実際に不景気になり、借金を返すための消費税増税という誤った政策で日本でなかったら国家消滅級のデフレ不況を招いたのです。

そんな風に根本から間違っているこの国の借金信仰ですが、その誤りの深さと比例するような根深いものもまた感じずにはいられません。
だって例によってマスコミは最初に書いた通り「クニノシャッキンガ~コクミンヒトリアタリ~」をいまだに繰り返しているのですから。プロミスの審査に通過するために必要な3カ条!