Posted on

金欠はもうこりごり、お金に困る前の対処法

給料日前になってお金がなくなり、誰かから借りるわけにもいかず、定期預金や生命保険を解約するわけにもいかず(生命保険から契約者貸付を受けることはできるものの)、残り5日を1,500円で乗り切らなくてはいけないとき。

通常の支出を見直すことで(ランチ500円を300円にする、飲み物は持参する等)なんとかなるときもあれば、どうしようもない(借りるorくずす)こともあります。

そうならないためには、日々の金銭管理が大切。

あらかじめ月の予算を決めておき、その中で計画的にお金を使います。

オススメは家計簿アプリ。

費目ごとに予算設定できるものが良いです。

食費、交際費、趣味、公共料金、などに分けてあらかじめ予算を立てておき、その進捗具合を日々確認し、月末に余裕が残るようにお金を使うよう心がければ、医療費などの臨時出費がない限りはだいたい月末にお金がなくなって困ることはありません。

予算を立てる際に「予備」として1万円くらい残しておけば医療費が発生した場合でも安心です。

予算を立てると、毎月気にすることなく使っていたけれど実は不要なのではないか、という支出もわかってきます。(毎日の缶コーヒーや気が向いたときに行ってしまうスタバなど)

それらを予算から外し、支出を減らすことで月末に余裕ができることに加え、貯蓄もできることにもなります。バンクイック審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です