Posted on

トランプ氏が弱者にも支持を受けるような政治をすることを望みます

アメリカ合衆国大統領がトランプ氏になって以降、大統領令が多発されています。中には多くの人の利益になるものがあるのかもしれませんが、どこか排他的で不穏な気配があり、ニュースなどで見かけるたびに不安に思っています。

他国の人間を排除するのはアメリカの国益を守るために、本当に有効なのでしょうか。疑問に感じてしまいます。軋轢を増やし、もめ事を生むだけのような気がしてならないのです。オバマ政権時代は、もっと「平和」な印象がありました。国民に寄り添い、弱者が救済されるようにオバマ氏が動いているような印象を受けたものです。しかし現在は、弱者がより弱い立場になる方向に世の中が傾いているような気がしています。

前大統領と比較しても意味はないのは理解しています。トランプ氏には、トランプ氏なりの目指す場所があるであろうことも。しかし、トランプ氏は、もっと弱者の視点も学ぶべきです。富裕層からのみの支持だけでは、今後多くのトラブルを生むことになるでしょう。
日本も、まだまだ弱者が救われていない部分が多い国ですし、アメリカだけに問題があるわけではありません。しかしアメリカのような大国が暴走するのはあまりに危険で、今後を憂慮しています。総量規制対象外 銀行カードローン審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です